塾講師になれば指導に携われる!

上京して塾講師になった知人の思い出

知人Sは東京に上京して塾講師として採用されました。元々は教師志望でしたが、なかなか教師になることができず苦労していました。
そんな時に塾講師の求人を見つけて、学生に勉強を教えるという点では同じなので魅力的に思うようになり方向転換したのです。

知人Sは、とにかく学生に知識を教え込めば良いと単純に考えていたので最初は上手くいきませんでした。
単刀直入に言うと、魅力的な授業をすることができず学生が集中力を欠いていたのです。
学生が真面目に取り組めない環境を作り出してしまったので、成績が下がっていきました。
知人Sの授業は悪く言うと自己中心的で、学生の頭にクエスチョンマークが出ても淡々と進めてしまうのです。
なので疑問を抱えたまま授業をすることになり、内容が入ってこないのです。

この事実に知人Sは落胆しましたが、授業方法を改善することで徐々に学生の信頼を回復していきました。
学生のクエスチョンマークには瞬時に対応しつつ、尚且つ授業がグダグダにならないように注意しました。
最初は一筋縄ではいきませんでしたが、勤続年数を重ねることで要領を掴んでいったのでスムーズにできるようになりました。
今では東京に出て塾講師として採用されて良かったと言っています。

合格発表の思い出

塾講師に採用されたときには必ず生徒とともに受験を突破しなければなりません。生徒は受験にすべてをかけて挑みます。
その時に講師も一緒にすべてをかけて挑まないと合格を勝ち取ることができません。中学受験生徒の担当になったある友人はその大変さと嬉しさを話してくれました。

中学受験は人生で一度しかできません。大学受験であれば浪人するという選択肢もありますし、他の大学に行くという選択肢もあります。
しかし中学受験にはそれがありません。失敗すれば受験せずともいける中学に行かなければなりません。
そのためその友人は生徒を教えるときに自分も人生をかけていると思い教えていたようです。それを聞いて自分も塾講師に採用されたからにはそのようにならなければならないと思いました。
そのため覚悟を決めて受験に挑まなければなりません。

しかし合格したときは生徒と同じ喜びを講師も味わうことができます。辛いときも必至に耐えそして乗り越えた時には、生徒だけではなく講師も成長することができます。
その友人は生徒が合格したときに号泣していました。
その話を聞き自分も中学受験に挑む生徒を教えたいと思いました。塾講師の仲間を持つことは自分にとってメリットしかありません。

塾講師の道を選んだ友人

塾講師の仲間の中にはいろいろな人生経験を積んでからこの仕事に就いた人もいれば、新卒からストレートで働き続けている人など本当にたくさんの人がいます。
中でも友人の中に少し変わった経歴を持っている人がいます。

その人というのが有名大学の大学院を修了した後に大企業に就職し順風満帆に働いていたのですが、ある日突然自分の仕事に対して疑問を感じるようになり、本当にこのままで終わっていいのだろうかと考えたそうです。
その時に転職活動をし、前々から憧れていた塾講師の仕事をする決意をしたようです。

その結果第二新卒で募集しているところがあったので、そこに応募して採用が決まりました。
それが今の塾なのですが、もともと優秀な頭脳をもっている彼は採用後もスピード出世し、今では教室長を任せられるようになっています。
私よりも後に入社したのに今では実質上司になっているのです。

彼になぜ大企業のサラリーマンという道を捨ててまで塾講師の道を選んだのかと聞いてみると、一度限りの人生自分の好きな仕事をやらなくては絶対に後悔する感じたから講師になったと教えてくれました。
第二新卒では他企業の転職組が多いですが、私の後輩にはこのような珍しい人もいます。

大学時代から

自分は大学を卒業してしばらく教育関係の一般企業で働いてから転職で塾講師になりましたが、同僚の中には大学生からアルバイトをして、就職活動をしたけど、自分には塾講師しか道がないと決意してそのまま正社員として採用になった人も一定数います。
同僚と行っても自分の場合は中途で入りましたから、少し年齢が年下の同僚なのですが、その中にアルバイトから正社員採用になった人がいるのです。
大学時代から勤めているということは自分なんかよりも全然経験が上なので、授業に対するモチベーションは半端無く、授業の前に何度もレジュメを確認しています。
やはり若い頃から天職に巡り会えた人は仕事に対するやる気が全然ちがうなあと感じています。
もちろん自分も熱意を持ってこの仕事に取り組んでいることには変わりはありませんが。

大学時代から働いている同僚の出身学部を聞いてみると、農学部の出身者であったり、理工系や文系学部の出身者など様々です。
塾講師の採用は新卒採用や中途採用が基本なのかと思っていましたが、大学生のアルバイトから這い上がる形で正社員になった人もいるのだと塾講師になってから知ることになりました。
大学生から働いている同僚に負けないように指導力をつけていきたいです。

転職を決めた理由

塾講師として採用された時には、本当に嬉しく思いました。ハローワークに何度も通ってようやく勝ち取った結果だけに飛び上がって喜んでしまいました。

私が塾講師に興味を持ったのは、とても将来性がある職業だと思っていたからです。子供が好きということもありますが、ここまでやりがいのある職種はないと思っていました。
子供の笑顔は実にいいものですので、毎日のように癒されることにもなりますし、やる気も出できます。
前職は、小学校の教師をしていましたが、型にはまった指導方法になってしまうのが、物足りなさを感じてしまう理由でした。
教員採用試験にも合格して、夢を抱いて教員の世界に飛び込んだのですが、やはり、縛りが多いのが耐えられなかったのです。

塾講師になりたいと思ってからは、ハローワークにも足しげく通い、より良い求人を見つけていましたが、ネット上の求人も隈なくチェックしていました。
とにかく、給料や休日の多さよりも、どれだけ、教員者として活躍できるかに絞って転職先を探していましので、今回の転職に成功したこと自体が喜ばしいことです。
とりあえずの授業の進め方については、決まりがあるものの、授業内容については、自分の裁量に任されていますので、やりがいがあります。
参考サイト